李佑記(イ・ウギ)〜アートに学ぶ〜

李佑記(イ・ウギ)と申します。 幼少期から野球に打ち込み、社会人になってからは仕事に全力投球してきました。 現在は『本気でやるから面白い!』をモットーに、仕事もプライベートも充実した毎日を過ごしています。 秋頃には都内にオーガニック系の商品を扱う小売店を立ち上げる予定です。 芸術全般大好きなので、このブログでは芸術という視点から色々書いていきます!ツイッターやっています💡インスタ始めました💡→wooki_art1

箱根旅行で一石三鳥?!箱根でアート①

こんにちは!

ウギです。

 


皆さんは普段、美術館には行きますか?

 


都内の美術館だと、ちょっと空いた時間にも行けるけど、

 


遠いとちょっと、、という方も多いかと思います。

 

 

 

遠くても観光地にある美術館なら、意外と旅行のついでで、意外と行きやすいと思います。

 

 

 

僕も行ってみたいそんな美術館が、、

 


神奈川県の箱根にあります!

 


箱根といったら温泉宿や、芦ノ湖大涌谷など、

見所満載の観光地ですよね!

 


しかし、実は箱根には、ガラスの森美術館や、彫刻の森美術館など、他にも美術館がたくさんあるそうです。

そのなかでも、今回はポーラ美術館をご紹介します!

 

 

 

 


ポーラ美術館

https://www.polamuseum.or.jp/

 

 

 

ポーラ美術館は、日本最大級の印象派の展示数を誇る美術館で、

西洋絵画を中心に約9,500点も収蔵しているそうです!

 


印象派とは、19世紀後半のフランスで始まった絵画を中心とする芸術運動で、絵筆にたっぷり絵の具を乗せて描くのが特徴的です。

 

f:id:jwqmwpwj94549:20190602210127p:image

散歩、日傘をさす女(クロード・モネ)

 


印象派の代表的な作者はクロード・モネピエール・オーギュスト・ルノワールなどで、

ほとんどの絵がアトリエで描かれていたなかで、外で描き始めたりして、当時の急進派だったそうです。

 


また、展示には、上記のモネとルノワールの作品に加えて、あの有名なゴッホの作品もあるとのことで、ぜひ一度行ってみたいですね!

 


ちょっと長くなったので、次回、題名の三鳥目、ポーラ美術館の森の遊歩道について書こうと思います!

 

それではまた!